上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2014.06.06 絶景の槍ヶ岳

2014年5月31日~6月1日
槍ヶ岳
素晴らしき北アルプスの絶景
そして、夜は、宇宙を感じさせる星空。
もう、言葉はいらない。

14-6槍ヶ岳01 14-6槍ヶ岳02
14-6槍ヶ岳03 14-6槍ヶ岳04
14-6槍ヶ岳05 14-6槍ヶ岳06
14-6槍ヶ岳07 14-6槍ヶ岳08
14-6槍ヶ岳09 14-6槍ヶ岳10
14-6槍ヶ岳11 14-6槍ヶ岳12
14-6槍ヶ岳13 14-6槍ヶ岳14
14-6槍ヶ岳15 14-6槍ヶ岳16

週末はCooスプリングカップに参戦してきました。
土曜日は、失敗しちゃったけど、
日曜日は、83キロのビッグタスクが成立。
福島との県境、横岡ゴールまでのロングディスタンスです。

クロカンタスクは、
南風に乗って、歩を進めていく必要があるので、
スタートのタイミングが難しいですが、
この日は、テイクオフ直後からエリアは抜群にコンディション。
少し待ってからスタートしてもいいような気もしてましたが、
すでにサーマルトップは1800m
これだけ高度があれば、高嶺まではそうリスクを抱えずにトランジットできそうです。
デパーチャーオープンタイムは、10:45と早めの時間帯ですが、
時刻と同時にスタートを切ることにします。

数名の選手と先頭集団を形成して、
じっくり進むことにします。
先頭グループの中では、自分だけが、IcePeak7 Proというコンペグライダー。
どうにもこうにも性能が良くて、
常に高いポジションをキープできてしまいます。
スピードレースなら問題ないのですが、
筑波からのクロカンでは、先を行き過ぎるを北風に進路を阻まれてしまいます。
一気に前に出たくなる衝動を抑えて、
ちょっとセコイようですが、茂木まではスピードを殺してゆっくりキープハイで進みます。

もう少し集団を維持して丁寧にいきたいところでしたが、
茂木を過ぎたあたりから、
高度もポジションもバラバラに、
那珂川の西を進むM木選手、勢いよく真ん中を行くN島選手、
僕は、リフトに乗って東に進路をとり、那珂川東の山間部へ、ここからは一人旅です。

非常に強いサーマルにのって、
烏山では、高度3000m!
この上昇の良さと東に流される感じ、さらに進行方向には、積雲の形成なし、
今いるポジションがおそらく南風の最前線。
なんかヤバい感じ、このまま進むと南風を追い越してしまいそう...

でも、高度が3000mもあるとなかなか踏みとどまるという判断が難しくなります。
なんとかなるだろと安直な考えのもと進路を北にとります。

やってしまいました。
少し進むと、IP7 proでアクセル踏んでも20km/hしか出ない強い向かい風と強いシンク。
フライトログを見るともう明らかに、南風を追い越して、北西風の中を突き進んでいるのが分かります。
それでも、数キロ先の那珂川町でジワジワとハングが上げているのが見えます。
アクセルを深く踏み込んで、町の上空へ、ようやく弱いサーマルをヒット。
このとき、すでに高度は900m、2000m以上の高度をロスして、進んだ距離は、約8キロ、滑空比4:1...

大きくスタックするもなんとかリフトにしがみついて、高度を回復。
このサーマルに乗ってる間に4キロほど東に流されてしまいました。
それでも大きくスタックしたことで、南風が追い付いてきました。
次々とコンバージェンスで積雲が形成され、ゴールまでの道のりを示してくれています。

ここで、IP6&IP7proのダブルY選手と合流!!
心細い一人旅もここで終わり。
あとはコンバージェンスラインにのってアクセルを踏み込むだけ、約20キロのファイナルグライドです。
少し進むと遠くに緑の機影が見えます。
カレラのM木選手のようです。
ここまで先頭を走ってきたつもりでしたが、M木選手は、西ルートを効率良く進んで、
一足先にファイナルグライドに移っていたようです。
フルスピードで追いかけますが、わずかに届かず、2番手でゴールカットとなりました。

M木選手と二人で高度処理をしてると、
なんと先に降りようとしているBOOM Xがいます。
最後にテイクオフして、かっ飛んできた宇都宮のY川選手です。
3番手ゴールながら、なんと最速タイムをたたき出して、タスクトップ!
なんでもパラ酔いしちゃって、早く降りたかったとかなんとか。。。すげーなー。

そして、この83キロのロングタスク
ゴール付近まで来たのは40名の選手中、約20名。すごいビッグデイとなりましたね。

次は、100kmオーバー目指すぞ~!

140413XC.jpg

NV350キャラバン
キャンパー化計画進行中です。
ベッドも完成してかなりいい感じの快適空間になってきました。


シングルルーム シングルルーム2
通常はこんな感じで使います。
半分は、シングルベッド。もう半分は、足を下ろしてご飯食べたりパソコン作業したりできます。

ベッド下収納
ベッド下には、パラグライダー一式が収納できます。僕のコンペ装備でOKなので、どんな機体でもまず入ります。
(タンデムは難しいかな?)

物干し竿 ヘルメット掛け
右側はヘルメット掛け、左側は物干し竿。NV350キャラバンはいろんなところにナットが埋め込まれてるので、
こういう改造もボルトで取り付けるだけなので簡単!

小物棚 パソコンバック&アタッシュケース
ベッド横には、小物を置く棚、寝るときにちょっとした小物を置けるので便利です。
その下には、ノートパソコンとアタッシュケースの収納スペースを作りました。

長物立て
車両後部には、ストックや傘、カメラの三脚といった長物を建てるスペースを設置。

簡易テーブル1 簡易テーブル2
簡易テーブル3 簡易テーブル4
簡易テーブルは、折りたたみ式です。
使わないときはコンパクトに畳んでおけます。
構造にはちょっと工夫がいりましたが、上手く出来ました!

ダブルベッド化1 ダブルベッド化2
ダブルベッド3 ダブルベッド4
ダブルベッド化も工夫したポイントです。
普段は、右前方の箱にダブルベッド化のための板が収納されてます。
板を出して置いていくと...
広大なダブルベッドルームが完成!!

これで、今後の遠征はとっても快適になりそうです!



2014.03.19 九州ツアー

九州ツアー
に行ってきました!
九州出身だというのに、実は、初めての九州フライトです。

初日は、風向きがよさそうとのことで、
熊本の阿蘇 大観峯へ、
かなり強めの風でしたが、徐々にコンディションは良くなり
日本とは思えないダイナミックな景観の中、日没までロングフライト。
圧倒的な景観にみんな大満足です。

14大観峯01 14大観峯02
14大観峯03 大観峯04
大観峯05 大観峯06
大観峯07 大観峯08
大観峯09 大観峯10

2日目は、
風が強くフライト不可。
阿蘇に滞在し、観光となりました。
動物たちと触れ合ったり、郷土料理を食べたり、ローカル線に乗って阿蘇の野焼きを見物したりと楽しめました。

14阿蘇観光1 14阿蘇観光2
14阿蘇観光3 14阿蘇観光4
14阿蘇観光5 14阿蘇観光6

最終日は、
北九州の平尾台へ、
この日も最高のコンディション!
5時間半のロングフライトでクタクタに!
みんな大満足でした!

14平尾台1 14平尾台2
14平尾台3 14平尾台4
14平尾台5

サポートしてくれた九州のみなさん、
ありがとうございました!


今週末は、ハードな二日間でした。
まずは土曜日
大雪の除雪ができてフライトできることになったとのことなので、朝霧へ。
中央高速の渋滞が予測されたので、
早起きして出発。
途中、河口湖や富士吉田は、1m超の大雪、スゴイ積雪でした。

さて朝霧の状況はというと、
テイクオフまでの道はまるで立山のアルペンルートのよう。
テイクオフからの眺めは真っ白な大雪原です。
asagiri yuki3

小雪の降る中
新しい戦闘機のICEPEAK7 Pro modelの初乗り
とっても乗りやすくて良く飛ぶ機体でした。
これは、今シーズンの強力な武器になりそうな予感です。
asagiri yuki1 asagiri yuki2
asagiri yuki4 asagiri yuki5
asagiri yuki6

その後、友人の出産祝いのために
東京へ移動。
生後2週間のかわいい赤ちゃんを抱っこさせてもらいました。
元気にすくすく育ってほしいな~。
baby.jpg

さらに、あすのために茨城に移動なわけですが、
なにを思ったか、急に筑波山に登りたくなってしまいました。
夜9時入山、10時ころ登頂して、30分ほど、夜景の撮影。
11時30頃下山しました。
ちょっと、夜の登山道は暗くてコワイけど、新鮮で楽しい登山でした。
つくばの夜景色その① 男体山と夜景

日曜日は、クロカンチャレンジのためエアパークCooでフライト。
雲底低く、非常に難しいコンディションの中。
朝日峠アウト&リターンにトライ。
地面に足がつきそうな高度まで下がってしまいましたが、なんとかリターン成功!!
とってもいいフライトでした。
成功の秘訣は、朝日峠のっ向こう側に降りてなるものかという意地かな?
Coo asahi1 Coo asahi2
Coo asahi3 Coo asahi4


とっても中身の濃い2日間でした!!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。