上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

残雪の北穂高岳に登ってきました。
昨年は、この時期に槍ヶ岳に登ったので、今年は北穂高岳です。
今回の目的は北穂から槍の写真を撮ること。
以前に緑バージョンと茶色バージョンの写真を撮っていたので、今回は、白バージョンを撮影するのが目的です。初めて、高所登山に一眼レフをもって行きました。バッチいい写真がたくさん撮れました!
しかし、槍と違って、雪渓の斜度が異常に急!!
スキー場で言えば最上級者コース並の急斜面を、高度差1000m、アイゼンとピッケルで登るのはとてもキツかった!
すべり落ちないように、両手でピッケルを力いっぱい打ち込んで、
超ガニ股でアイゼンの爪を半歩ずつ利かせて、ゆっくりゆっくり登りました。
普段使わない筋肉を使ったせいで、ものすごい疲労でした。
たった一つのピークを獲るのにこんなに疲弊したのは初めてでした。
でもキツかっただけあって素晴らしい絶景を楽しめましたよ!
13北穂02 13北穂03
13北穂04 13北穂05
13北穂06 13北穂07
13北穂08 13北穂09
13北穂10 13北穂11
13北穂13 13北穂18
13北穂20 13北穂21
13北穂23 13北穂26

夕暮れは、山では極上の時間帯
沈みゆく太陽とグラデーション、降って来る星空。
ここまでの苦労がすべて報われるときです。
13北穂25 13北穂32
13北穂28 13北穂37 13北穂34 13北穂35 13北穂36 13北穂39 13北穂40 13北穂41 13北穂42 13北穂43
13北穂431

そして、もう一つ、至福の時間が夜明けです。
昇ってくる太陽と赤く染まる岩稜、
至高の風景が下山者の後ろ髪を引っ張ります。
13北穂46 13北穂47
13北穂48 13北穂49
13北穂50 13北穂51
13北穂52 13北穂53
13北穂54 13北穂63
13北穂60 13北穂58
13北穂61

ありがとう北穂
さあ、次はどこに登ろうか?
スポンサーサイト
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。