上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011.10.02 穂高へ

週末になると、山が僕を呼びます。特にフライトにはイマイチな予報が出ているときは。
今週末も向かいました北アルプス、三歩のいる山、穂高へ。
金曜日、雨の上高地を出発です。
P9304449.jpg
岳沢~重太郎新道を経て、前穂高へ向かいます。
しかし、高度3000近くなると、もう凄い雨と風、
しまったと思ったときには時すでに遅し、もどって岳沢ヒュッテに戻るよりも、
登って、次の山小屋、穂高岳山荘に向かった方が良さそう。
もう、ひどい雨でレインウェアもスパッツも役に立ちません。上から下までびしょ濡れです。
あまりの悪天に、予定していた前穂高岳は、パス。奥穂高岳へ向かいます。
穂高岳山荘に向かうには、奥穂高岳の山頂は通らざるを得ません。
ひどい雨と風の中、3190m!北アルプス最高峰、奥穂高岳登頂です。ここで、記念撮影といきたいところですが、
とてもカメラなんて出せやしない。少し下ってようやく穂高岳山荘に避難です。
P9304450.jpg
ストーブの前でホッと一息、今日はここに泊まろうと思いきや、
明日は、雪になって下山できなくなるかもしれないから今日の内に涸沢まで降りた方が良いとのこと。
せっかく休めると思ったのに...(泣)
P9304454.jpg PA014464.jpg
ようやく涸沢小屋に到着。本日の寝床を確保です。
今日は、ひどい目にあいました。

朝起きると涸沢小屋は霧の中、しかし上空はうっすら青みがかっています。
これは雲の上に行けば、快晴。いざ、北穂へ向けて出発です。
PA014468.jpg PA014470.jpg
PA014473.jpg PA014482.jpg
涸沢カールは紅葉が始まり、沖は見事な雲海です。
PA014511.jpg
北穂高岳(3120m)登頂です。槍ヶ岳をバックに記念撮影。見事な景色です。
PA014484.jpg PA014549.jpg
見事な雲海。素晴らしき世界です。
PA014504.jpg
雲海から富士山が頭を出しています。
PA014518.jpg
槍ヶ岳へ続く稜線、大キレットが見えます。
PA014528.jpg PA014531.jpg
北穂高小屋で、北穂ブレンド、こんなに美味しいコーヒーは初めて飲みました。

普通ならここで下山するところですが、昨日景色もなにもなかった奥穂高に未練が残ります。
思い切って、涸沢岳を経て、奥穂へ向かうルートを選びます。
PA014552.jpg
涸沢岳へ向かう険しい岩場です。
PA014556.jpg
歩いてきた稜線です。鎖場の連続、はっきり言って、とても怖かった...
PA014562.jpg PA014563.jpg
涸沢岳(3110m)、穂高岳山荘が見えます。
PA014575.jpg
リベンジ奥穂高、3190m!北アルプス最高峰で、やったね記念撮影!
PA014569.jpg PA014572.jpg
ジャンダルムです。もの凄い岸壁、頂上に人影あり、良くあんなところ行けるなあ。
PA014577.jpg
奥穂から見る槍です。絶景です。

さて、ここから下山です。奥穂山頂にて、時刻は12:30。
あと5時間で上高地まで下山しなければなりません。これは大変。
なんで急ぐのかって?
それは風が良さそうだから、明日は飛びたいのです。
バスに乗り遅れたら、山小屋にもう一泊するかタクシー、どちらにしてもお金がかかるし、
なんとしても下山したいのです。というわけで急いで下山。
PA014593.jpg PA014597.jpg
PA014606.jpg PA014608.jpg
PA014610.jpg PA014614.jpg
PA014616.jpg PA014611.jpg
一日山歩いている間に、涸沢では紅葉が進んで素晴らしい景色になっています。う~ん、凄い。
って、呑気に写真を撮っている場合じゃありません。時刻は14:00、あと3時間半。
ここから先は岩場はなくて、普通の登山道。こうなったら走って下山です。
行きかう人と、「すごい走ってる~」「バスに乗り遅れそうなんです~!」といった会話?をしながら、横尾まで駆け下りました。

横尾に到着、15:30、ここで見た看板、上高地まであと11km...ショック...もっと近いと思ってた。
11kmを2時間で、元気なときのジョギングなら余裕だけど、疲れきった体に10キロ超の荷物。
かなり厳しい、それでも早足と小走りを交互に繰り返して、上高地へ。

結果は、
17:25分バスターミナルへ到着。17:30の最終バスに間に合いました!
と思いきや最終は18:00でした...ガクッ...

というわけで、無事上高地を脱出できて、マイカーに到着。温泉入って飯食って、そのまま車中泊です。

翌朝、青木はグッドコンディション!午前中バッチリソアリング。
ついでに午後からは、生坂にいって強風ソアリング。
カメラもって飛ぶの忘れたので写真はなしです。
なんにしても、来週の白馬八方尾根日本グランプリに向けて調整OKです。
いや~、密度の濃い3日間でした。
穂高
今回のルートです。





 
スポンサーサイト
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。