上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

7月26日~27日
南アルプス 地蔵岳

なめてかかったら、かなりキッツイ山だった。
テン泊装備で、背負った荷物は約20kg。
登山口1100mから標高2400mの鳳凰小屋まで水場なし。
猛暑で、噴き出す汗が止まらない。

でも、登ったご褒美は、たっぷりでした。

夜は満天の星空、雲海に突き出す八ヶ岳から登るご来光。
ロープ一本を頼りに垂直の壁を登ったオベリスクからの富士山。

素晴らしき山行でした!

14jizo01.jpg 14jizo02.jpg
14jizo03.jpg 14jizo04.jpg
14jizo05.jpg 14jizo06.jpg
14jizo07.jpg 14jizo08.jpg
14jizo09.jpg 14jizo10.jpg
14jizo11.jpg 14jizo12.jpg
14jizo13.jpg 14jizo14.jpg
14jizo15.jpg 14jizo16.jpg
14jizo17.jpg 14jizo18.jpg













スポンサーサイト
2014.06.06 絶景の槍ヶ岳

2014年5月31日~6月1日
槍ヶ岳
素晴らしき北アルプスの絶景
そして、夜は、宇宙を感じさせる星空。
もう、言葉はいらない。

14-6槍ヶ岳01 14-6槍ヶ岳02
14-6槍ヶ岳03 14-6槍ヶ岳04
14-6槍ヶ岳05 14-6槍ヶ岳06
14-6槍ヶ岳07 14-6槍ヶ岳08
14-6槍ヶ岳09 14-6槍ヶ岳10
14-6槍ヶ岳11 14-6槍ヶ岳12
14-6槍ヶ岳13 14-6槍ヶ岳14
14-6槍ヶ岳15 14-6槍ヶ岳16
2013.08.19 西穂高岳

西穂高岳
登山です。

西穂高は、ロープウェイで途中まで登れるので、
3000m級の登山としては極めて楽ちんです。
今回は、嫁を連れてのお気楽登山なので、ちょうどいいところでしょう。
日帰り登山なので、どこまで登れるかな~って感じでしたが、
やはり二人で西穂山頂を目指すと、下山時間が危うくなりそう。
というわけで、嫁には西穂独標(2701m)までリターン。
僕は、一人になって、3倍速にスピードアップ!
西穂高岳山頂(2909m)をゲットして下山しました。
次は、ジャンダルムを越えて、奥穂までいってみたいな。
nishiho01.jpg nishiho02.jpg
nishiho03.jpg nishiho04.jpg
nishiho05.jpg nishiho06.jpg nishiho07.jpg nishiho08.jpg nishiho09.jpg nishiho10.jpg
nishiho11.jpg nishiho12.jpg
nishiho13.jpg nishiho14.jpg
nishiho15.jpg nishiho16.jpg
2013.08.19 剣岳

北陸に行く、用事があったので、
富山に立ち寄って、剣岳に登ることにしました。

初めての剣岳ですが、
登山口から山頂までの標高差2240mは、一気の登りとしては日本一という
早月尾根ルートに挑戦してみることにしました。それも日帰りで...

13turugi01.jpg 13turugi02.jpg
13turugi03.jpg 13turugi04.jpg 13turugi05.jpg 13turugi06.jpg 13turugi07.jpg 13turugi08.jpg 13turugi09.jpg 13turugi10.jpg

やっぱり、標高差2240mはだてじゃない、キツかった!
それでも、最高の天気に恵まれて、景色は最高、日本海、立山、槍ヶ岳、360度全部見渡せました!

13turugi11.jpg 13turugi12.jpg 13turugi13.jpg 13turugi14.jpg 13turugi15.jpg

余談だけど、「イカロスの山」というマンガで、
未踏の8000m峰に挑戦する三上君が、
早月尾根→剣岳山頂→剣沢小屋
を5時間20分で踏破していたな。
僕は、今回、剣岳山頂まで、6時間だったから...
三上君、とんでもなく速いよ...
ヒマラヤ登る人は、これくらいできて当たり前なのかな?
イカロス
イカロスの山 第1巻
みなさん、ご存じのように富士山には、
1.一度も登らない馬鹿
2.二度登る馬鹿
3.一日二度はもっとバカ

という言葉がありますね。
えっ?3つ目は、知らない?知らない人は、広辞苑で調べてみよう!
たぶん載ってないと思うけど...

というわけで、
一つ目はもう実行不能だし、2つ目はだいぶ前に実行しちゃったので、
3つ目を実践してみることにしました。

計画の発端は、3年くらい前に暇だったから富士山登ってみたら、
午前中だけで、結構、簡単に登って降りてこれたこと。
これだったら、富士山は家から近いし、同じこと2回やればいいだけだし、2倍なら簡単ジャン!
な~んて、安易な発想が始まりでした。(この辺から、かなりバカですね。)

んで、昨年の秋に実行しようと思ったんだけど、いまいち天候とタイミングが合わず、
今年、開山前に実行することに。

でもって、FACEBOOKで、2往復にチャレンジしたいとかなんとか言ってる
H村クンというおバカな人がもう一人いたので、誘って実行することに。

で、結論、富士山2往復は、1往復の2倍か?
んなことは全然ありません!
あたり前だけど、1度登って降りたあとに、もう一回登り直すのはかなりシンドイ。。。
それも、お鉢巡りまで入れたもんだからシンドイのなんのって。。。
(最初から気づけよ...この辺で相当バカですね。)

それでも、まあ、なんとかかんとか、2往復成功しました!

コースと所要時間は、↓な感じでした。約12時間半の長丁場でした。あ~疲れた。

吉田口五合目(5:30)入山⇒山頂(8:30)⇒お鉢半周して富士宮側山頂より下山開始(9:30)
⇒富士宮口五合目下山(11:30)⇒休憩を挟んで再び入山(11:50)⇒2度目の山頂(15:20)
⇒お鉢を半周して吉田側山頂より下山開始(16:00)⇒吉田口五合目にゴール!(17:57)


13富士2往復02 13富士2往復03
登山開始、八ヶ岳がきれいだな~とか思いながら歩きはじめました。
13富士2往復04 13富士2往復05
13富士2往復06 13富士2往復07
みごとな雲海とブルースカイ
13富士2往復08
一度目の登頂!やったね!
13富士2往復09 13富士2往復10 13富士2往復11 13富士2往復12
お鉢は雪が残っていて、なんとも壮観な風景です。
13富士2往復13
そして、二度目の登頂!やったど~!
これでももう登らんでいい!
13富士2往復14
あとは慌てず、お鉢を半周して、下山開始。
13富士2往復15
13富士2往復16
ゴール!無事下山完了しました!
13富士2往復17
今回のルートです。赤が一本目、青が二本目です。

相当おバカな企画でしたが、成功裏に終わってよかったよかった!
あっ、そう言えば、前日の夕方に世界遺産登録が決定したのでした!

というわけで、おバカ企画「世界遺産登録記念、富士山2往復」大成功でした!

お疲れさまでした~!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。